メンタルケア心理専門士の就職先は?

メンタルケア心理専門士は財団法人・生涯学習開発財団と日本学術会議協力学術研究団体・メンタルケア学術学会が認定するメンタルケアの言葉が付く資格のなかでは最上位のものです。
より医学的・専門的な知識や技術を習得することが可能なため、資格の取得後にはさまざまな分野で活躍できる可能性があります。
具体的には教育分野(スクールカウンセラー、教育相談員、学生心理相談室など)、医療分野(医療機関、病院、クリニック、保険所など)、福祉分野(自立支援センター、障害者福祉施設、老人福祉施設など)、産業分野(人事部、労務部、企業カウンセラー、営業、販売など)といったものが挙げられるでしょう。
ほかにもカウンセリングルームに就職したり、自分で立ち上げたりすることも可能ですし、後進の育成に携わったりすることもできます。
公設相談所、民間カウンセラー、ボランティアの形で社会に貢献する選択肢もあります。

 

↓↓↓就職・独立のアフターフォローが充実したヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理専門士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケア心理専門士にはどうすればなれますか?

受験資格は下級資格であるメンタルケア心理士の資格試験に合格した人、臨床心理士の資格を持っている人、心理隣接研究・専攻科修士(学会による審査をクリアする必要あり)と定められています。
なお、准メンタルケア心理専門士の資格がある人は、学科試験が一部免除されます。
学科試験以外では課題レポートと実技もあります。
まだ臨床心理士や心理隣接研究・専攻科修士の受験資格を満たしていない、メンタルケア心理士の資格を取得していないという人でメンタルケア心理専門士の資格取得を目指す人は、まずはメンタルケア心理士の資格を取るのが簡単でいいでしょう。
全く心理の分野に関する知識や技術がない人は、医学的な難解な知識の学習が省かれており、初心者にも分かりやすい内容になっているメンタルケアカウンセラーの取得からはじめるのも悪くありません。
通信講座には複数のメンタルケア系資格の取得を目指せるパックもありますので、詳細をチェックしてみると良いでしょう。