准メンタルケア心理士の就職先は?

准メンタルケア心理士(准メンタルケア心理専門士)の資格を取得した場合、就職先の候補になり得る場所としては以下のようなところが挙げられます。
医療や福祉の分野や、教育の分野、産業の分野、公共サービスなど活躍できる場は多種多様です。
個々の就職先での相談援助・カウンセリング業務に就いたり、心理の医学的・専門的知識や技術を応用し、相談援助やカウンセリングなどカウンセラーとしての業務に従事するのではなく、患者や患者の家族、所属している企業などの顧客、所属企業の従業員、生徒や児童、生徒や児童の保護者などとのコミュニケーション向上に役立てることも可能です。
また、どこかの医療機関や教育機関、福祉施設、学校、役所、企業、刑務所などで活動するだけでなく、相談援助やカウンセリングを事業内容にしているところに就職しカウンセラーとして活動する選択肢もあります。
さらに将来的に独立開業をしたり、より上位の資格取得の足がかりにしたりすることも可能です。

 

↓↓↓就職・独立のアフターフォローの充実したヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料で准メンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

准メンタルケア心理専門士があれば十分?

たとえば学校でスクールカウンセラーとして活動するには、臨床心理士が資格要件として定められています。
また、国境なき医師団の日本支部で活動するメディカルスタッフの資格要件としても、臨床心理士が設定されています。
このように、准メンタルケア心理専門士だけでは仕事に就けない分野もありますので、上記のように別の資格が要件となっている場合、准メンタルケア心理専門士だけでは活動できません。
それ以外の分野では十分に活躍できる可能性がありますが、せっかくなら財団法人・生涯学習開発財団、日本学術会議協力学術研究団体・メンタルケア学術学会主催のメンタルケア系資格の最上位であるメンタルケア心理専門士を取得したほうが良いでしょう。
より専門的な知識・技術を学ぶことができ、准メンタルケア心理専門士の資格取得後、メンタルケア学術学会に入会し、メンタルケア心理専門士の資格を取得(准メンタルケア心理専門士は学科試験一部免除)か、学会の所定ポイントを獲得するか技術訓練を修了することにより、メンタルケア心理専門士の資格を取得することが可能です。
なお、准メンタルケア心理専門士自体は、メンタルケア心理士に合格した人、臨床心理士の資格を持っている人、心理隣接研究・専攻科修士(学会による審査をパスする必要あり)が受験することが可能です。