メンタルケアカウンセラーの就職先は?

メンタルケアカウンセラーの資格をゲットしたあとの活躍できる場は数多くあります。
この資格は人の話を聴く能力を習得するのに役立ちますので、人と関わり合う機会の多いところを就職先にするとメンタルケアカウンセラーの資格が活きてくるでしょう。
たとえば医療や介護の現場で患者や家族と接するとき、販売や営業の現場で顧客と接するとき、保育園や学校で子どもや保護者と接するときなど、さまざまな可能性があります。
また、資格を取得すると履歴書の資格欄に記入することが可能です。
心理学系の資格はコミュニケーションを主体とする仕事の面接で武器になることが多いです。
このほか、就職活動の面接や現状の仕事の幅を広げたい場合以外に、自分の日常生活を豊かにすることにも役立ちます。
家族との接し方に活かしたり、メンタルやストレスのコントロールが上手くなりたいという人にもおすすめです。

 

↓↓↓就職・独立のアフタフォローが充実したヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケアカウンセラーの資料が手に入る↑↑↑

 

この資格だけあればカウンセラーとして活躍できる?

メンタルケアカウンセラーは生涯学習開発財団、メンタルケア学術学会が主催している資格ですが、同じ団体が認定する資格として、ほかにはメンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士があります。
これらの資格に比べると、メンタルケアカウンセラーは下位の資格であり、前述した団体の主催する心理系資格としては入門レベルのものとして位置付けられています。
医学的な知識や技術を深く学習することはできませんので、本格的なカウンセラーとして活動するには不向きといえるでしょう。
カウンセラーを目指す際にいきなり難解なことを学ぼうとすると付いて行けず挫折しやすくなりますが、メンタルケアカウンセラーは医学的・専門的な知識や技術が問われることがないため、初心者でも学びやすくなっています。
なお、メンタルケアカウンセラーは通信教育講座を受け、全部で4回の通信添削に合格することにより資格を取得することが可能です。