メンタルケア心理士の就職先は?

メンタルケア心理士の資格を取ったあとの就職先は多岐にわたります。
具体的には医療機関、福祉施設、保健施設、役所、刑務所、学校、企業などを挙げることが可能です。
また、どこかに就職する道を選択するのではなく、独立開業してメンタルケア心理士としての仕事をこなしていくこともできます。
なお、メンタルケア心理士はどこでどういう仕事をするのかにより名称(肩書き)が異なります。
たとえば教育機関で生徒や児童を相手にカウンセリングを行う仕事の場合、スクールカウンセラーといいますし、企業で従業員を相手にカウンセリングを行う仕事の場合には産業カウンセラーといいます。
そのほか独立開業したり、カウンセリングを事業内容にしているところに就職した場合には、心理カウンセラーをはじめ色々な名称で活動していくことになるでしょう。

 

↓↓↓就職・独立のアフターフォローが充実したヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケア心理士だけで事足りる?

メンタルケア心理士の資格を取得するだけでもカウンセラーとして活動をすることは可能です。
しかしながら、ほかに准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の資格があり、これらに比べるとメンタルケア心理士は下位の資格に当たります。
准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士はより専門的な領域の知識や技術を習得するための資格ですので、ただ単純に心理の分野を学び今の仕事や生活の幅を広げたい場合は良いのですが、カウンセラーとしての本格的な活動を展開したいと希望しているのであれば、この資格の取得をきっかけにより上位の資格取得を目指したほうが良いでしょう。
なお、メンタルケア心理士はメンタルケア学術学会、文部科学省所管 財団法人生涯学習開発財団が認定する資格であり、在宅試験が受けられます。
メンタルケア学術学会指定教育機関でメンタルケア心理士講座の受講を修了した人、認定心理士の資格がある人、産業カウンセラー初級資格がある人、文部科学省が定める4年制大学心理学部・学科、心理隣接学部・学科を卒業した人のいずれかの条件を満たしていると受験することが可能です。

 

メンタルケア心理士の資格をこれから目指される方はこちらのホームページに役立つ情報が掲載されています。